« 冬の滝 | トップページ | 美瑛へ・・・その2 »

2009年3月 9日 (月)

美瑛へ・・・その1

休みに朝良い天気だったので、一寸遠出して美瑛まで行ってきました。

何度か行ってる美瑛ですが、冬に行くのは初めてでした。

前日は道内大荒れの天気で雪が降りましたので道路が一寸心配でしたが、

思いの他富良野・美瑛方面は雪が少なく、道路も山道が圧雪状態でしたがそれほど滑らなくて2時間一寸で12時前には富良野へ着きました。

富良野・美瑛もお天気が良かったのですが、着いた時には期待していた十勝岳の山並みが雲に隠れてましたが、午後から少しづつ見えてきました。

きょうのアップは、昼間の美瑛の丘です。

Img_3728

Img_3731

Img_3733

Img_3721

Img_3739

Img_3745

Img_3748

Img_3761

« 冬の滝 | トップページ | 美瑛へ・・・その2 »

写真」カテゴリの記事

コメント

ちのさん

こんばんは。
やはりこの美瑛は北海道の中でも独特で特異な風景かもしれませんね。
いや、一箇所や二箇所なら、他の処でもこんな風景を見れますが、此処は至る所がこんな感じなので。

ものすごい奥行きですね!
広さにもほどがあるだろう!!ってくらい広いですね。w
広さに吸い込まれそうです。
6枚目のが絵のようで好きです。

IZAさん

こんばんは。
そうですね、昼間は雪と空と木と影が被写体の全てに感じます。
影をどう入れるか一応悩みましたけど・・・。

酒命さん

こんばんは。
この美瑛は北海道特有の広さを感じさせる広い丘が連なっています。
四季を通して写真家の為にあるような土地ですよ。此処を撮ってる写真家も多いです。
私は冬に訪れたのは初めてでしたので、ポイントを探しながら移動して撮ったので失敗だったかもしれません、欲張ってはダメですね。
此処は全てが個人の畑なのでスキーはできませんが、所有者がスノーモービルで遊んでたのに出会いましたよ。気持ち良さそうでした。

あきさん

こんばんは。
そうですね、白い世界に青空はとてもよく合います。
3がになって、少しづつですが気温も上がってきました、最高気温も最低気温も。
3月中頃か末には融雪剤を散布すると思います、早く雪を融かして土を出すために、
そうするとまた雰囲気が変わってきます。

こんばんは。
綺麗な青ですね。空以外がみんな白だから、空の青さが際立って見えます。
雪の上に落ちた木の陰なども素敵ですね(o^-^o)

こんばんは!
雰囲気が撮る日の色んな条件で変わってくるのですね
同じ雪景色でも毎回違いますね・・
今日のは、気温は低いのですが暖かいっていう感じですね!

若いときにスキーに凝ってた時を思い出します・・
新雪の誰も通った跡が無い所を滑ると最高に気持ちが良かったです・・

こんばんは

青い空の日は、雪景色が一段と綺麗です。
白い雲が空の高さを感じさせます。
3月にやっとなりましたが、少しずつ気温が上がってくるのですか。
土が見え出すと景色が一変するのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502531/44289966

この記事へのトラックバック一覧です: 美瑛へ・・・その1:

« 冬の滝 | トップページ | 美瑛へ・・・その2 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ