« 笹は強し | トップページ | 刻む・・・1 (小樽雪あかりの路) »

2009年2月12日 (木)

輝る

光が射し始めた暗い木立の中と

眩しすぎる程に強い光が当たってる松の木

太陽の光は、命の根源なのだと改めて感じます

Img_2918

Img_2920

« 笹は強し | トップページ | 刻む・・・1 (小樽雪あかりの路) »

写真」カテゴリの記事

コメント

あきさん

こんばんは。
人生経験って、私も未熟ですよ。 ただ年齢じゃないような気がします。
太陽が無かったら生物は生きていなかったでしょうから、源なんでしょう。
深い意味は無いです、(@^▽^@)ニコッ

こんばんは☆

木々の間に光がさしていて、雪が輝いているように見えます。
『命の根源』考えたことがありません。
当たり前のようにあるものが、生きているものすべてに
命を与えるんでしょうか。
うーん まだまだ人生経験豊富ではないから、深みがないですね(*´v゚*)ゞ

digiphotoさん

こんばんは。
北海道は4月中頃までは雪との生活です、まだ2ヶ月もあります。
太陽の光を冬に感じることは少なかったのですが、写真を始めて
それを強く感じるようになりましたね。
元々太陽が出ない雨や曇りや雪の日も嫌いでなかった私なのですが、
写真を撮る上で殊更光と影が大事だと思うようになりました。

こんにちは!

流石に北海道はまだまだ雪の世界ですね。
太陽の光の有り難さを実感できると言うことは素晴らしい世界だと思います。

私は太陽大好き人間なので、太陽が出ていないと写欲も沸かない人間です。

IZAさん

おはようございます。
今日は気温が高めです、最低気温が-2度位で最高気温が+3度位になるそうです。
今の時期としては暖かいです、太陽が出てると同じ気温でもその分暖かく感じます。
ただ、+気味の気温は雪を溶かしますので、雪道の表面がツルツルになって歩き難く
なるのが大変です。

酒命さん

おはようございます。
そうですね、太陽の顔を見れると気持ちが晴れます。
極端に言うと、太陽の出方がそのまま精神状態を左右してるように思います。
最近は日照時間が長くなってきましたから、まだ雪の中ですが、
春に近づいてることを実感してます。

こんばんは。
雪をかぶった松の木の間の太陽が良い感じですね。
日が当たっていても、まだまだ寒いんでしょうか?

こんばんは!
<太陽の光は、命の根源なのだと改めて感じます>

冬の雪国の人は、すご~く感じるのでしょうね!

太平洋側に住んでる人は、太陽のありがたさは、
当たり前の様にしか感じることができません!
この時期の太陽の光は貴重なんでしょうね・・雪国の人は・・


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502531/44036197

この記事へのトラックバック一覧です: 輝る:

« 笹は強し | トップページ | 刻む・・・1 (小樽雪あかりの路) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ