« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

また降った・・

春を目の前にして、このところ雪が降り続いています。

少なかった雪の量も例年より多くなりました。

少しの晴れ間に、木の枝に積った雪が風で揺らされ

どーっと落下しています。 その細かな雪が当たり一面に

舞って、霧のように霞んでいました。

Ps257 Ps258

2008年2月26日 (火)

光る雪の海

吹雪で積った雪の起伏に夕日が当たって

光り輝いていました。 丁度その時、

写真を撮っている私の前方をキタキツネが通り過ぎて行きました。

思わずシャッターを切ったのですが、少しブレてしまい、

未熟さを露呈しちゃいました。

Ps254 Ps256

Ps247Ps248

2008年2月21日 (木)

小さなアイスワールド

真っ白な雪の中に一枚の枯葉が目に留まり

その枯葉が凍り付いていて、

日が差し込んできて、キラキラしていました。

マクロレンズで接写してみたら、氷の結晶を写す事ができました。

Ps237 Ps238

2008年2月19日 (火)

眩しいほどの青空

真っ白な雪原の晴れた日は

とても眩しいです。

そしてこの青さが本当に嬉しくなります。

Ps233 Ps234

2008年2月18日 (月)

雪の結晶

今朝降った雪の結晶を写してみました。

うまい具合に綺麗な形が正面に見える状態で

写すのは、偶然のチャンスを時間を掛けて待たなくては

できません。

この写真は、車の上に積った雪を写しました。

Ps228 Ps229

2008年2月17日 (日)

風に飛ばされて

ガクアジサイの花が、強い風に飛ばされて

雪の上に・・・・。

枯れた花でも真っ白な雪の上では、

何気に綺麗に思われます。

Ps227

2008年2月16日 (土)

風の造形

風紋と言うには部分的な造形ですが、

風が作る雪の模様

夕日が当たって、よく判りますね。

Ps219

2008年2月15日 (金)

夕日に・・

枯れススキの穂が夕日に染まり

黄金色に輝いています。

Ps218

2008年2月14日 (木)

丘の向こうに・・

日が西に傾き始め、空が少し赤みを帯びてきました

丘のこちらは陰ってしまったけど、

丘の向こうは未だ明るさが・・・

Ps217

2008年2月 8日 (金)

凍る

屋根からのツララに日が当たり、

玉ボケの連なりのなって輝いてます。

ツララから落ちた雫が筍のように

下から上へ伸びていきます。

どちらも凍った水の自然の造形です。

Eos1208 Eos1209

2008年2月 1日 (金)

雪衣

小さな木も大きな木も、雪の衣をまとってるかのように。

日が差して、融ける前の雪の衣装です。Eos1204 Eos1202 Eos1205

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ